Book

鬼平落ち

最近、鬼平犯科帳にはまっている。
飲み友達から進められて読み始めたが、あまりのおもしろさに止まらなくなり、毎夜落ちるまで読みふけっている。
しまいには会社のMちゃんに「今日も「鬼平落ち」ですか。(笑)」と言われるほど。その彼女にも鬼平を貸すようになり、会社で「トイレにいってもいいかえ?」「これで終了でございまする〜」とMちゃんと毎日のようになんちゃって江戸語を使い、鬼平ごっこを楽しんでいる。
そして良く出てくる盗賊達のあだ名がカッコ良くて、自分のあだ名も考える始末。
「牛込のおとも」なんてどうかしら(笑)
鬼平に出てくる地名も私の家の周辺が多く、慣れ親しんでいる東京下町がでてくるのも楽しくさせられてしまう要素の一つ。

続きを読む

家族の出会い


shijimiです。
3月13日(土)は会社の友人Nさんファミリーと我が家での家族の合同食事会。Nさんはとーっても不思議と縁がある人で、なんだかんだ国籍も違うけど、にーちゃんのような感じ。
Emily Arnold McCullyさんはNさんのお母さん
「Four Hungry Kittens」はこの日頂いた絵本。
「Manjiro: The Boy Who Risked His Life for Two Countries」と「My Heart Glow: Alice Cogswell, Thomas Gallaudet, and the Birth of American Sign Language」はNYに行ってなんちゃんと一緒に彼女の自宅へ訪問し、初めてお会いした時に頂いた絵本。どれも目の前でサインを入れてもらった。

続きを読む