shijimi photo:Roppongi Art Night 2014

[ Photo album : Roppongi Art Night 2014] Photo by shijimi

IMG_4156
昨夜、六本木アートナイトへ!@プログラム
この日は美術館も無料になるところがあり、まずは国立新美術館へ。
IMG_4191

観れるものは一通り観たなかで、Photo Albumに載せた作品と参加したもの
国立新美術館エリア
イメージの力:―国立民族学博物館コレクションにさぐる
中村一美展
– 《カラダひとつプロジェクト》:西尾美也《ボタン/ 雨》
– 小原宏貴《Egg》
– 街なかウォーク:篠田太郎《月面反射通信技術》
– 街なかウォーク:吉田一郎《おお大ちゃん》

パレード(六本木パレード 《ふわりたい ながれたい つなぎたい》街なか巡行)をチラ見しつつ六本木ヒルズ中心エリアへ移動。
– 《カラダひとつプロジェクト》:西尾美也 《人間の家[スカート]》
– 《アート型人生相談”六本木の父”:~相談しよう、そうしよう。~》
– 《カラダひとつ劇場》
– ゼロバイゼロ 《閃光》
– 鈴木康広 《まばたきの葉》

– NONOTAK studio:《DAYDREAM V.2》
– トークイベントに参加:「 光の蘇生」プロジェクト予告篇 ~《Counter Void》再生をめぐって~

宮島達夫さんと茂木健一郎さんのトークショーはおもしろかった。
宮島さんの作品、[Counter Void]が震災以降、ずっと点灯されていないのは知っていた。それを、当初電力問題があったこともあり、今は電気の使用規制はされていないし。。じゃあ、これから点灯させますとすればいいのか、いやいやそういうつもりだけでもなくて、宮島さん自身のなかで鎮魂の心や忘れていないんだという思いなどもあって、その思いが余計に点灯スイッチを押すことができなくなってしまっているようだと。。
でも宮島さんの態度表明とか、言動を聞いてはっきり感じたのは、その3年間、ずっとざわついている感情をもちながらも、少しずつこれからの行動(点灯するかと否か、形を変えて更新させることなど)へ向けての思考が定まってきていて、ある程度見通しができているのだが、パブリックアートとしての作品性を鑑みて、それを観ている他の人にも了承を得たい(?)ような感じなのかなぁ。。と。
作品は誰のもの?といった疑問や、現代アートの修復やメンテナンスなどの問題。
そのコンセプトや思考には伝統的、歴史的なモノからも参考にすることができたり。。
考え方は多様にあり、正しい答えはこれ、というものはやっぱりないので、一つトライしてみればいいという大らかな捉え方で進んでいくしかないのかな。。と個人的に感じた。

トークショーの最後に数字のシールが配られ、あのテレ朝の前の[Counter Void]の壁にみんなで思い思いに貼った。
ほら、やっぱりね。もう、宮島さんの中に進んでいこうという一つのアクションはすでに決まっていたのだ。
多様性に少しずつ委ねていきながら、「パブリックアートってみんなのもの」になっていくのかもしれないね。
IMG_4237

ちなみに、六本木天文クラブ:アートナイト特別星空観察会は曇天、強風のため、参加しなかったのだけど、中止になっていた。これも目的だったからホントはすごく残念だった〜。今度行こう!