ポピーとのお別れ

2018/02/11、14時ごろ。伯母の愛猫ポピー、永眠(17歳)。本日火葬しました。

突然のことでした。昨日午後、フラフラと弱い足取りで伯母のところへ歩こうとしたのか、その時嘔吐し、バタっと倒れて心肺停止状態に。30分ほど掛かりつけの病院で手当てをしてもらいましたが、息を吹き返すことはありませんでした。後でわかったことだけど、乳腺に腫瘍ができていたので、(猫は90%の確率で悪性)それが肺にtねにしたのか?嘔吐した時に誤嚥したのか?とはいえ、推測にすぎずはっきりとした死因はわかりません。

時折食欲がなかったみたいだけど特に弱った様子もなく、相変わらずのおデブちゃんで体力もありそうで、もう2、3年ぐらいは生きてくれるかな、と思っていました。
昨年の手術後、気分屋&暴君は変わらないけど性格が少し穏やかになり、時折私たち家族にも甘えてきていて可愛い様子も見せてくれていました。
ただ、あまり触れなかったから本当は抱っこしたかった…。亡くなって、やっと思う存分ポピーを抱っこしたり、撫でたりしてお別れしました。でもきっとポピーは「シャー(何しとんじゃ ボケェ)」と怒ってそうだな…とどこかで思ったりもして。。苦笑
毛艶すごく良くて、触り心地もとても良かったです。

伯母にとっては耳がわりでもあったみたいです。チャイムの音がなると前足を伯母にトンと置いて教えてくれていたそう。
寂しくなるけど、ちゃんと最後まで看取ってあげれたことが救いかな。ポピー、大好きな伯母と最後まで一緒に居てきっと幸せだったと思う。感謝。