晩秋

寒い。
12月に入ったとたんベイエリアは雨が降ったり、毎朝零下になるほどかなり冷えて、空もどんより曇りがちの日々が続いている。
カルフォルニアにしか住んだ事のない人は、毎日ほぼ晴天の土地柄こんな天候にはあまり慣れていない。吐く息が白くなるだけで結構大騒ぎしたり「ほんと寒くて最悪だね」と損をしたように言う。まあその気持ちも少し解るけど、私はたまにはこんな冬らしい寒さも季節感があっていいと思う。重ね着をしたり、ブーツを履いたり、可愛い帽子や手袋を付けたりする楽しみも増えるし。(手袋なんて日本に行ったときだけで、ここ十年ぐらいはめたことなかった。)
1.jpg
普段は紅葉もほぼあっという間に散ってゆくが、気のせいか今年の紅葉はいつもより鮮やかで美しく、長持ちしているような気がする。
2.jpg
パロアルトの脇道にて。
三ヶ月ほど前まで家の前の通り沿いには結構大きいイチョウの木が連なって生えていたのですが、あろうことかパロアルト市は「植え替え」と称して市民に警告なしてすべて伐採してしまった。紅葉していたらさぞ綺麗だったろうになぁ。