利休にたずねよ


shijimiです。
年末に読んだ山本兼一さんの「利休にたずねよ」非常に興味深く、大変面白かった。



利休が秀吉の命により、切腹をするところから話がはじまる。
私は歴史モノはどうもすんなりと読めず、あまりくわしくないのだが、ちょっと調べてみると、利休の切腹には数々の謎がある。でも、作者の山本さんはその謎を利害関係などに捕らわれず、利休の純粋な思いに託してこの物語を書ききっている。

利休のお茶に侘び寂びを主としつつも、どこか艶やかさを感じてしまう秀吉が、その利休の本質に迫りたいがために、最後には利休を切腹させてしまう。
利休が命を懸けたほどのその思いとはなにか。。
謎とされた諸説や関係人物をうまく配置させて、読み手をするすると物語に引き込ませていってしまう。

また、この作者の人の心の深遠部分に迫る素晴らしい描写に舌を巻く。
それにいろんな意味で社会勉強にもなりそうな。。これもお勧めの一冊。