靴つくり16

shijimiです。
030710shijimi2_shoe.jpg
今日の靴製作。靴型に自分のサイズをあわせるため、革で厚みをつける。
私はボール部分の寸法サイズが足りなかったので、そこを中心に革をつける。
右足はナイフで削り、靴型になじませた。左足はただ革を貼り付けただけなので、次回削る予定。



以下は今日の製作のメモ。
妹は足のサイズが木型とちょうどあっていたらしく、スムーズに底から製作をスタート。
030710naho1_shoe.jpg
左:底の型紙を靴型でつくる。幅広の両面テープで靴型の底をしっかり覆うようにはり、鉛筆で印をつけていく。このとき、形が直角に変化するところに鉛筆の芯をあて、塗っていく。靴型から印をつけた両面テープをはがし、紙に貼り、カッターで形どおりにカットし、底の型紙を作る。
右:厚い革に底の型紙をあて、カットする。ちなみに妹が抑えている白いのは先生が新調したかわいい錘。

030710naho2_shoe.jpg
左:カットした底のまわりをグラインダーでなめらかにし、銀面を割ったガラスの破片で削る。
右:左でカットした靴底のほかに別の厚みのあるフェルトのようなもので同じようにカットしたものから靴底に釘を打って固定してく。
上記が妹の作業。たぶん私も同じことをしていくであろう。。

さて、以下は私が実施した作業。
030710shijimi1_shoe.jpg
左:厚みをつけるために革で形を作り、赤のりで靴型にはりつける。奥の靴型はのりがかわくのを待っているところ。
中:先生がボールの位置を緑で印をつけてくれた。そこから自然なカーブになるように、靴型のデザインにあわせて革をナイフで削っていく。
右:先生が手直しをしてくれたところ。ボールペンでかいた印を稜線と見て、面取りをしていく要領で革を削っていく。ちなみにこの革は成牛の内側の革とのこと。