いせ源:あんこう鍋

isegen1.jpg
左:あんこう鍋 右:お店の入り口ショーウィンドウに飾られていたあんこう
*すべて携帯で撮影

shijimiです。
今日は神田須田町にある「いせ源」へ行ってきた。
あんこう鍋を初めて食す。
あんこうって想像ではすごい淡白なイメージだったが意外にジューシー。

isegen3.jpg
左:あんこうの煮こごりとあん肝 右:あんこうの唐揚げ

特に唐揚げと鍋のあん肝が最高!



isegen2.jpg
左:締めはおじやで 右:フナムシに食させてつくったこだわりの看板

待ち合わせしていてお店で待っている数分間で、お店のおじさんとちょっとおしゃべり。
ここは昭和5年に建てられた建物。当時の大工さんが1年がかりで建てたこだわりのたてものだ。
ドア頭上の木製看板は文字を書いたところ以外はフナムシが食べられる性質を利用して、わざわざフナムシに食わせて穴をボコボコさせたのだそう。

isegen4.jpg
玄関の天井:「正宗」の文字が。 レトロな照明がかわいい!!

また、玄関天井には正宗の酒樽の文字が。菊正宗の前身のもので、登録商標をとる関係で正宗でとれなくなって、上に「菊」をつけたのだとか。今は淡路の震災でほとんど無くなってしまい、この「正宗」版は貴重なのだそうだ。
内部の手すりや玄関の段差部分などの木は曲がっているものをそのまま利用して、使用している。また桂離宮をイメージして作られたのだそう。
あー、楽しかった!!
ゴチになってしまいました。幸せなひとときに感謝です。