ABOUT

MEMBER

violet.jpg
shijimi(しんじ ともこ:オーナー)

絵や写真、布を使った作品をたまに作っています。動物全般好きなのですが、特に猫が大好きです。

“歩くパワースポットの異名”を持つ。

—————————————

とんたら(猫の家族)
tontara.jpg

左:タラ 右:トン

我が家のアイドル
双子の女の子たち。2007年で12才です。(実はおばあちゃん)

タラちゃんはクールビューティーなスレンダー猫(…と思っている親バカな私)。
とても猫らしく人との距離を微妙に測る。器量よし。背骨に先天性の障害を持ち、子猫時代は呼吸をするのが苦しい様子で、医者に1年ほどしか生きられないと宣告される。しかし避妊手術後、よく食べ、よく遊び、とても元気になり今に至る。しかし、よくケガをする。子猫時代に、まな板が右手に落下し、その傷で小指の爪がない。

三毛のトンちゃんが母(shijimi)を困らすやんちゃ娘。だけど、人懐っこく、呼べば返事をしてやってくるような、犬系。
私にベッタリで、家に居るときはほとんど一緒にいることが多い。
新居に移ってから、おしっこ癖がついてしまった。。これはもしやボケがはじまったのだろうか??私の悩みは尽きない。。トホホ。。
でも、2匹とも大切な愛すべき家族です。

—————————————

ひらやま かずこ(パッチワークと洋裁の人)

洋裁暦45年以上、パッチワーク暦10年以上の私(shijimi)の伯母がコツコツ一針一針、手縫いで塗った作品ばかりです。聴覚障害者なので、基本的な会話は手話で必要に応じて筆談となります。

長年洋裁をしてきているため、布への愛着は非常に強く、小さく残ってしまった端切れを活かしたいという気持ちがパッチワークを始めるきっかけになりました。
小さな織物が何枚も繋ぎ合わせていくことで大きくなり、迫力ある見事な作品となります。

布の柄との相性、形の組み合わせ方などぜひよかったらご覧くださいませ。

—————————————

sassy(猫とArt好きのカメラ女子)

アメリカからトラとモジョ(家族猫)を連れて日本に帰ってきました!

—————————————

jun(大人になっても心は野生児のカメラマン)

どっちが本業がわからなくなってきた、ダブルワーカーのお兄さん。
夢に向かってガツガツ走っています!