Go to Top

メイン

works memo Archive

September 18, 2007

絵画制作diary1

picture1.jpg
最近、また絵を描き始めている。114x182cmのパネル2枚組のもの。
これは昔、友人から譲り受けたもので、絵が描かれてあったのだけど、それを潰して私が10数年前、制作した。
この絵は私がまだ20代前半の時に制作したものだ。
これから今の私が10年以上の時を越えて、この上からまた手を加えていく。。

read more "絵画制作diary1" »

September 19, 2007

絵画制作diary2

picture2.jpg
昨晩までの状態。
整理しようと思ったときに思わず出た行動は削ることだった。でも、なかなか削れない。
相手は大物だ。さらに強固でもある。どう崩していこうか。少しずついくしかない。手ごわい。

削る。
絵を削る。
削ることができるということは、その分の厚みがあるからできることだ。
削っていくと、いろんな色の層が見えるときがある。この色のハーモニーはしくまれたものではない。
色を重ねているけれど、そこがどうしてこの色の重なりなのか、自分だってわからない。

read more "絵画制作diary2" »

September 23, 2007

絵画制作diary3

picture3.jpg
昨日までの状態。
気がついたら手がすごく痛い。よく見たら傷だらけになっていた。。あら。
右半分はだいぶ整理できたかなー。
しかし、削った絵の具の量は半端ではない。
もっと削らなきゃな。。でも身体にくる~。
今朝、久しぶりに描くときに必ず痛くなる背中が筋肉痛(苦笑)。。
己の日ごろの運動不足を呪う。

これは彫刻の作業に近い感じだと思う。
ベースはただの油絵の具だけではなく、実はモデリングペーストもはいっているので、非常に硬いのだ。

read more "絵画制作diary3" »

絵画制作diary4

picture_1.jpg
削られたモノ
これも美しい

October 6, 2007

Crochet Lei

crochet.jpg
友人のフミコさんが今回のEventのためにかわいらしいCrochet Leiを作ってくれることになった。
ハワイアンレイのひとつ。Crochet(クロシェット)とはかぎ針編みという意味とのこと。
レイってお花だけじゃないんですねー。リボンとかもあるし、いろいろあってかわいいです。

October 13, 2007

絵画制作diary5

picture4.jpg
ひとまず削り最後の状態。
Mさんに秘密兵器を借りてかなり削りが進んだ。これでやっと遅れを取り戻せそう。
Tシャツ制作、チラシなどのデータ制作に時間がかかってしまい、なかなか進まなかった。

当日流そうと思っている音を聴きながら、色をおいてみようと思う。

October 14, 2007

絵画制作diary6

picture5.jpg
色を置きはじめた状態。
音があるとイメージが広がるけど、今日はなんだか気分があまりノラナイナー。。時間がないので、焦る気持ちもあるのだけど、いろんな小さなトラブルがあったり、ちょっと気分のメイルコトありで、さすがの私も少々落ち込み気味・・・。いかん。。
んー、そんなときもあるし、今すごく生みの苦しみなのかもしれないし。落ち込むときは思いっきり落ち込んで引きずらないようにしたいなーと思う。

今週からRちゃんがコラボに加わってくれる。彼女に頼るのではないけど、彼女の視点が入ることで刺激となり、私の感覚の突破口がひらけるといいな。
さ、これからがホントの正念場だ。。

October 16, 2007

絵画制作diary7

picture6.jpg
今日、というかもう昨日となったが、かなり絵の制作が進んだ!相方が参戦してきたからだ(笑)
やっぱり、コラボは楽しい。
一人で描くのも面白いけど、他の人の筆使いがあると刺激を受けるので、思い切りが良くなって、気持ちよく筆が運んだ。って、まぁ、行為としては塗っただけなのだけど。

でも、色を置くって勇気がいる。気持ちがのっていないとどんなことをしても難しいものだ。
相手を信頼しないとそれはできないし、自分も許せる心がないと広がらない。

そして、この絵からダンスや音楽も関わっていく。あー、おもしろいなー。
この空間はどんな風になるのだろう。。ワクワクがとまらない。。

ダンサーや音楽家の表現、そして彼女たちを私は心から信頼している。

写真、UPしました。
さー、ここからどんな展開になるのでしょうかねぇ(笑)当日までのお楽しみにそろそろしようかなぁ。

October 19, 2007

絵画制作diary8

picture7.jpg
昨晩はりえちゃんとの制作日。
一昨日、世界堂で絵の具や画材関係を調達してきたので、さらに作業が進んだ。

先日、友人から絵画の工程がみえるのはおもしろいとメールをもらい、とても嬉しかった。

絵を描いていて思うのは、絵はとても客観的だということ。
描いているときは非常に主観的に物事を進めているのだけど、必ずふと、自分を一歩引く。描いている途中で何度も何度も遠く距離をおいて全体を観る。目を薄目にしてみたり、自分かもしくは絵をさかさまにしてみたり。。
そうやって行為に対してできるだけ冷たく引き離そうとして観る事で「主観から客観へ」意識を変えるために。

いつも自分が見失っていないか、方向は間違っていないか、気持ちが良いか、おもしろいか、たのしいか、何か困ったことがあればどう解決すればよいか…

この絵はきっとなんだかわからないと思う人もいるかもしれない。。
でもわからなくてもしばらくその場に対峙してみてもらえたら…と思う。
部分的な色がきれいだなとか、こういう形はきもちわるいな。とか、その人なりの純粋な感覚で良し悪しが判断できるようになるのではないかな。

そこから、さらにもう少し時間をおいてみたらどうだろう。。自己をみつめて。
絵のフィルターを通して自分の気持ちを聴いててみる。
絵を通して現実からリセットして、自分の心を少しでも癒すことができたら…いいなぁ。


October 20, 2007

絵画制作diary9

今日というか昨日はryocoさんとtamieさんのmusic teamがリハに来てくれました。そしてりえちゃんも来てくれていつもよりにぎやかに☆(絵画写真はのちほど)
1019x2.jpg
music teamの打ち合わせ風景、りえち作業風景

ryocoさんはマリンバ奏者ですが、打楽器全般の演奏ができる方で、いろいろ公演に回ってめまぐるしく活動している。彼女の演奏はとてもカッコいい。ホントにカッコいい。持っている打楽器は子供も大人もきっと興味深々となりそうなかわいいおもちゃみたいなものばかりで楽しい。
そしてtamieさんはJAZZ Vocalistで精力的に活動されている。彼女はとても落ち着いていて、声も美しい。心がこもった美しく熱い歌声によってしまいそうだ。

彼女たちの音楽や話を聞きながら私たちpainting teamは黙々と作業をする(笑)
音楽ってすごいなー。聴いてるだけでも楽しいねぇ。生で聴けるともっとすごい。
今日は音楽の方がエネルギーが強かった感じがするな。うーん、ホントに刺激を受けましたよ。
明日もマラソン大会(私はウォーキング)の後、作業をする。当日聴ける歌のオリジナル曲を聴きながらイメージの再インプットをしていきますか。。

October 22, 2007

絵画制作diary10

picture8.jpg
20日のときの状態。
ウォーキングが終わった後、午後はmap作りのため市ヶ谷駅の方まで歩きながら、妹(Naho)が作ってくれた地図を確認。
そして夜から作業が始まる。かなり進んだ。この日はりえちゃんは泊りがけでの作業となり、二人で3時ぐらいまで描き続けた。

read more "絵画制作diary10" »

絵画制作diary11

今日からこの写真までのWeb公開はしばらく控えますね。イベント後にアップしていきたいと思います。
ただし、Categories>2.Project>memoで今までの工程をご覧いただけます。

りえち>今日も遅くまでお疲れ様。
ちょっと面白い感じになってきました。今もまた全然印象が違います。
写真と実物もけっこう違う~。。フフフ、当日のお楽しみですねぇ。

絵画制作diary12

1022.jpg
今日はdancer teamが登場!ryocoさんも後に来てくれて、プログラムの概要と流れのイメージを共有化。みんな同じ認識でイメージしていたので、スムーズに決まる。
>kalinちゃん、Jhonnyちゃん、ryocoさんお忙しい中、遅くまでありがとうです!!

kalinちゃんがワークショップでやってきたというインプロ(即興)をJhonnyちゃんとCDの音、ryocoさんのカリンバの音に合わせて踊ってみせてくれた。
相手の動きをマネするだけ。でも、だんだんと共鳴しあい、動きが激しくなっていく。そこにryocoさんの音が加わる。必然的にdancerはその音に体を合わせようとする。だけど、時々裏切られてしまう。。そんな思いもよらない偶然が、思いもよらない形を作っていく。

コラボレーションはそういう偶然の連続。ダンスも音楽も絵も。。決して他者に依存するのではなく、共鳴していくこと。それは他者を思いやること。。

October 23, 2007

絵画制作diary13

今日はじゅんこちゃんがイメージ共有と小道具の確認に来てくれた。彼女がCocoさんのCrochet Leiを使う。そのLeiをまだ見ていなかったので、その確認。当日使うつもりの音楽もじゅんこWorldでいい感じ。じゅんこちゃん>遅くまでありがとう!ダンスの構成を聞いて、私は笑わずにはいられなかった(^_^)

なぜだろう。。
ちなみにじゅんこちゃんは先週、コンドルズの良平さんの舞台に出たのだが、その一週間の生活の話をしてくれた。オーディションがあるので参加者はみな初めて顔を合わせる人たちばかり。昼間はディスカッションやダンスの練習をし、夜は毎日睡眠時間を削って小道具を自分たちで作る。濃厚な一週間だったそう。

とはいえ、あんまりおもしろいので(笑)じゅんこちゃんの振り付けのスタンスをきいてみた。

一生懸命やっているんだけど、それが滑稽にみえることがあるということ。。ふーむ…。
それを聞いて私が思い浮かべたのはチャップリンの映画。本人は一生懸命なんだけど動作がおかしい。でも、その動きにはちゃんと意味がある。引っかかる人は気に留めるけど、引っかからない人はそのまま素通りしてしまう。どちらが正解というのはなくて、どちらでもOKなのだ。
演技というウソをつくのではなく、自然なのだけど滑稽なもの。でも、じゅんこちゃんのは悲しい裏切りではない。素朴に純粋な気持ちでこの絵と対峙して感じ、でてきた動きなのだ。現代音楽でも雑音やその人の環境、ただの音が音楽と足りうることと同じ。
いわゆる目立つ大きな動きは少ないだろうけど、ただ、キレイなものだけカッコいいものだけではない、少々ひねりのきいた又違ったコンテンポラリーなダンス。

昨日のダンスといい、今日のダンスといい、バラエティ豊かで本当に面白い。みんなの今後が楽しみ。

私たちもこれを受けて絵の完成にもっていこう。ダンス、音楽との接点と交わりを再認識し、絵も影響を受けていく。心を交差させ一つにしていく。

October 25, 2007

絵画制作diary14

今日もりえちが来てくれて制作の日。その前にハンズにより、ピクチャーレールのフックを購入しようとしたら、なんと、規格が限られていて、我が家のと合うかどうか。。絵の重さに耐えられるフックはあるのかどか…やむなく申し訳ないないと思いつつfuRuさんに相談。

さて、絵の方はというともう仕上がりに近い感じはするのだけど、終わってもいいような…、でももう少し手を入れられるかも…。というどっちかの状態。。
なかなか手を入れられなくなってくる。でも、あともう少しなのは確実。
りえちが帰ったあと、今からまたもう少し制作をしたい気分。。あとひといき…

October 28, 2007

絵画制作diary15 rehearsal

1027x2.jpg
昨日の27日は出演者がほぼ集まってのrehearsal。
それぞれの音のイメージや内容を話しながら、それに合わせて当日の全体の流れをみんなで再度確認しつつ具体的に決めていく。
時間のない中、初めての試みが多い中、みんなでお互いを思い合いながらこの一つのイベントを作り上げていっている気がするので、とても楽しい。
これはキッカケとしては我が家の記念イベントだが、みんなで挑戦していくイベントでもある。
音楽とダンスと絵が同じ時間を共有しながら作品を作っていくというコラボレーションはなかなか難しいと思うし、勇気のいること。でも、参加してくれる人みんなの気持ちが前向きで楽しもうとしてくれることで、みんなが集まるとここはいつも暖かな空気に包まれている。
さぁ、あともう少し。みなさんよろしくお願いいたします☆

絵画制作diary16

picture_2.jpg
昨夜というか明け方までりえちゃんと絵画制作をする。
なかなか最後のツメが決まらない。後もう少しなんだけどね。。連日の疲れがかなりたまっていたせいか、私はどうも頭がスッキリしなかった。こういうときは寝てしまったほうがよかったりする。
朝、りえちゃんは運転免許の更新があるため、帰宅(がんばれ~)。見送った後、すぐに作業しようかと思ったのだけど、もう、頭がヘロヘロ状態になっていたので、だめだと思いもう少し寝た。
午後から少し気分よく。作業にとりかかる。

ずっと決まらない部分があり、昨夜もりえちともども苦戦していた場所。そこにもう一度メスを入れた。(りえち、勝手にごめん~)やっぱり、ここはマットな画面ではない。。そう思ってガシガシ彫っていたら削ったカスがすごく好きなBlue。。キレイだ。
画面が少し蘇ってきた。この前後を調整しよう。

本来、形は簡単に作れるものではない。
表象としての形は見たそのものなのですぐに型取ことができても、形を起こしていくという作業はその中を観察して考えていかなければならない。

そしてホントに形を決める時は1回で決めなければダメだ。
何度も決めた形をなぞると今度はその線に捕らわれてしまい、画面が止まってしまう。
呼吸をしなくなるのだ。
それは死んでしまったと同じ。

もし、形をなぞりすぎてしまったのなら、もう一度メスを入れる必要がある。
その上から違う形をみいだすか、その形(できてしまった膿)を取り除かなくてはならない。

んー、難しい。
さぁ、明日はホントにallでの一応last rehearsalの日。それまでになんとか終わらせたいのだけど…。

October 29, 2007

all cast studio last rehearsal

今日は出演者全員でのラストリハ。みんなそれぞれにアイデア満載でおもしろい!
単独の時、コラボの時、言葉やものや衣装や振る舞いや形や色がみんなの感性がつながって一つになった。
不思議とリンクしていることが多い。そういうことはお互いに打ち合わせなんて全くなかったのに。。
関わるべくして関わっているのかもしれない…。いろんな思いが交差する。
すごくexcitingだ。

それと、今日のみんなの笑顔がうれしいなぁ。。キラキラしていた。
みんな今回も真剣に頑張っている。

観にいらしてくださるみなさん、楽しみにしていてくださいね。

November 4, 2007

Event無事終了しました!

11/3のイベント、おかげさまで無事に終了しました!
ご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございました!!!

まずはお詫びです。スペースが狭いこともあり、お客様にはご不便をおかけしてしまったと思います。申し訳ありませんでした。
でも、みなさまの暖かい雰囲気に救われ、多くの方々に喜んでいただけたようで少しほっとしました。また、数々の差し入れなど、お気遣いをいただきまして誠にありがとうございました。

非常に条件の厳しい中この小さな空間を活かしきり、果敢に挑戦してくれたtamieさん、ryocoさん、Jhonnyちゃん、じゅんこちゃん、kalinちゃん。みんな本当にすばらしかった。
そしてずっと短い間だったけれども濃厚な時間を共有し、ときには朝まで一緒に絵を描いてくれたりえちゃん。彼女のセンスの良い感覚に刺激されておもしろい発見がたくさんありました。絵のコラボができたのも彼女のおかげです。本当にありがとう!

それから時間のない中、細かいところまで気を遣い、Tシャツを素敵に仕上げてくれたデザイナーのエイジマくんにも心から感謝です。
そして写真撮影や映像撮影に協力してくれたmukaiharaさん、Nヤスさん、とーるさん、その他の素敵な紳士の方々。地図データ制作とぶっつけ本番で音だしを頑張ってくれたNaho、みなさんありがとうございました!!
残念だったのは純子ちゃんが踊っていたときに使用していた白いレイを一生懸命編んでくれたCocoさんが仕事のため、こられなかったこと。Cocoさん、素敵なレイをありがとう!!

後に写真などをまとめてこちらからUPしたいと思っております☆

その後関係者での打ち上げでとーるさんが撮ってくれた映像を簡易的に上映し、盛り上がった。
今後はしばらく充電し、機会があればまたなにかおもしろいことができるといいなと思っております。そのときにもまたみなさまにお目にかかれれば幸いです。

本当にありがとうございました!

February 19, 2008

Translation : painting diary2 - poesy

Last night's condition.
When I considered fixing it, I unconciously decided to chip away at it. But I couldn't quite do it.
My opponent is huge. Moreover, it is very solid. How should I destroy it? I have to do it a little at a time. It is tough.

Chip away.
Chip away at the picture.
I can chip away at something because its parts have thickness.
As I chip away at it, you are able to see different colored layers. The harmony between these colors is unplanned.

The thickness is time.
The thickness is memory.
The thickness is accumulation.
Pathos, fixation, love, words, thanks, sadness, frustration,joy...are all discovered. Realization is born.
I imagine different things.
I awakened a self-reflecting form. Even though I created it for myself, it will certainly do the same for you.

Before I started breaking it, I had another realization.
I would depict a new form.

For example, casting off old accumulated skin.
Throw away the unnecessary information that cannot even be put into memory.
Demolish the old buildings that have stood for too long...
Destruction is exciting. Actually, you need more energy to destroy something than to build.
By destroying something, you can catch a glimpse of the significance of its existence. Its substance appears instinctively.

So this time, breathe. Take deep, deep, deep, breaths.
Your mind becomes calm.
Concentrate on one point. Listen to its voice. Have a conversation with what comes out.
Have a slow, quiet conversation.

Translator : Jeff McKenzie

Category > memo > 絵画制作diary2

April 3, 2008

conversation

conversation.jpg
エスキースなのだけど、アクリル絵の具で描きました。タイトルはconversation。
なんとなくガールズトークのイメージもちょっとあったりして(笑)
色の響き、形の響きからいろんな音や言葉を想像してもらえると楽しいな。実はこの画布は私が昔とってもお気に入りだった洋服。この生地を活かしたくてずっと大切に保管していた。
絵を描いて贈ろうと思ったとき、白いキャンバスにこだわる必要はないだろう。。と、むしろいろんな色の生地で描いてみたくなった。
この生地だったら自分の絵にしっくりきそうだなということで0号のパネルに張った。貴重な素材。集中して描くその瞬間の色と形。全てが一期一会・・・
もう、なかなか気軽に会えなくなってしまう、大好きなお姉さん達にささやかなプレゼント。
私も一つ持って、あとの二つはそれぞれお渡しした。きっとまたいつか3つ揃うこともあるでしょう。

read more "conversation" »

June 20, 2009

memo:ハートカズラ

デスクの横に吊るしているハートカズラがこんがらがってる
この絡まりを解きほぐそう
ハートカズラの小さな葉っぱは少し湾曲しているため、お互いに絡まりやすい
さらに枝別れしているのでやっかいだ

read more "memo:ハートカズラ" »



パッチワーク

shijimiの伯母、平山和子のパッチワークキルトの販売です。
pach_banner2.jpg


フォトアルバム

shijimi studioで行ったイベントでのダンス、ダンスカンパニーRoussuwaltzの公演、日本各地やアメリカの風景など…
スタッフ各々が撮影した写真を掲載しています。
photoalbum_banner.jpg


sassy room

アメリカに住んでいたsassyが日本に帰国しました! アメリカのお気に入りの写真やねこのお話などを掲載してます。
sassy_room.jpg


このブログのご案内

上にあるバナー(絵の写真)内のボタン横にある「shijimi studio」をクリックすると本サイトのTopへいきます。 左側のサブタイトル「shijimi studio blog Artや猫のこと、制作memo」をクリックするとこのblogのTopへきます。

Copyright ©2004-2013 shijimi studio All Rights Reserved.